サカイ引越センター営業のお兄さんとのやりとり

数年前、引越しをすることになったので、ネットで数社一度にできる見積もりをしました。

 

私の住んでいるところは田舎なので、対象の引越し業者は3社のみ。一社は地元の引越し業者、もう一社は引越しもしてるんだーという運搬業者、そしてサカイ引越しセンターでした。

 

一番に家に来てくれたのはサカイ引越センターです。若くてかっこいいお兄さんがお米を持ってきてくれたので、少しテンションが上がりました。2歳の息子はなぜか膝の上に座る始末。妙に気に入っていました。

 

早速見積もりをしてもらうと、荷物の量はそう多くはないものの、忙しい時期に入るため値段は予想していた額の倍の値段でした。これには少し戸惑い、主人に相談しないと即決はできないと答えました。

 

また、数時間後には地元の引越し業者が見積に来てくれる予定でしたので、その額を聞いてからでないと決めることはできないと正直にお話しました。しかし、お兄さんの方も必死。きっとノルマとかがあるんでしょうね。「今決めてくれたら、値段を1万円引きにします!」みたいなゴリ押しを始めました。ごめん、1万円引いてもらってもまだまだ高いんだよね・・・。と心の中で思いながらも即答は避け、地元の引越し業者の見積もりのあと、主人と相談してから連絡すると答えました。

 

数時間後、地元の引越し業者が見積もりにきてくれました。繁忙期だから少々お高めなんですよー、と言いながら出した額は、サカイ引越センターよりも2万円安かったです。しかも、「この時期は高いんで少し前倒しして、○○日なら○万円でいいですよ。」という提案をしてくれました。その額が予定していた額よりだいぶ安かったため、私の中ではこちらの業者にお願いすることに心の中で決めました。一応返事は主人と相談してからにしますが、多分お願いすると思います、と返事をして帰っていただきました。

 

地元業者が帰って、サカイに電話しなきゃなーと思っていた矢先、サカイのお兄さんから電話がかかってきました。地元業者の金額を伝え、お断りをしたところ、「じゃあ、うちはこの金額で!」と引き下がらない。いや、その金額、地元業者より高いから。と伝えてもなかなか理解してくれず困りました。数十分の格闘の末、やっと諦めてくれました。体育会系なのか、必死さが溢れかえっていて、ちょっとひきました。

今から引越業者選びするなら最大10社よりスピード見積!!料金50%OFF!!
【引越し価格ガイド】

しっかり教育されたスタッフに安心

こまやかで万全のサービスに納得

強力なネットワークに満足

上場企業ならではの信頼感は抜群!

公式サイトへ


このページの先頭へ戻る